太陽に負けない食べ物

食生活での光老化対策

抗酸化食品

最も紫外線が強い夏は、シミやシワ、たるみの原因となる光老化対策が不可欠です。
光老化対策として飲むサプリをおススメしていますが、食生活を工夫することでも、光老化対策は行えます。

 

「要」はサプリと同じ抗酸化対策

紫外線を浴びることで体内に活性酸素が発生します。
これはサビのようなもので、光老化を進行させてしまう元になります。
食生活での光老化対策は、活性酸素を除去する抗酸化作用のある食材を、積極的に食べることが一番です。

 

バナナ

さまざまな食品の中でバナナは、最も抗酸化作用が高いといわれています。

 

バナナにはβ-カロテンをはじめ、ビタミンA、ケルセチン、β‐クリプトキサンチン、ミリセチン、ビタミンC、リコペン、ビタミンE、ポリフェノール類など、体の中の余分な活性酸素の害を抑える抗酸化成分が多く含まれています。

 

バナナに含まれる抗酸化成分の中でもβ-クリプトキサンチンやゼアキサンチン、β-カロテン、ポリフェノール類であるケンフェロールやシアニジン-3-グルコサイドなどには血液内に悪玉コレステロールが溜まるのを防ぎ、血流を改善する働きもあります。
食物繊維もたっぷりと含まれ、さらに抗酸化作用が高いので、毎日必ずバナナを1本食べることはおススメです。

 

リコピン

リコピンの抗酸化力はダントツ!加熱してさらに吸収率アップ!
・リコピン:トマト、すいか、さくらんぼなど

 

 

トマトの赤い色素リコピンは、その抗酸化効果はβカロテンの2倍以上といわれるぼど高く、活性酸素を取り除き、肌の老化やシミ、くすみを予防します。
生.よりも加熱した方が体内への吸収率がアップし最も多くとれるトマトブースは最強の美容食です。

 

ポリフェノール

意識して摂り続けたい身近な美容成分
・ポリフェノール:カカオ、赤ワイン、ブルーベリーなど

 

植物が作り出す抗酸化物質ポリフェノールは、意識して摂り続けたい身近な美容成分です。
赤ワインに含まれるアントシアニン、ココアのカカオマス、そば粉のルチンなど種類か多く、どの成分右も強い抗酸化力を持つことで知られています。
体内に蓄積されにくいので、ごまめな摂取を心がけましょう。

 

ビタミンE

植物性オイルも活用して効率良く摂取を!
・ビタミンE:ナッツ類、アボカド、ブロッコリーなど

 

ビタミンEは、細胞膜に存在し、活性酸素の発生を抑制します。
アボカドやナッツ類の他に、ひまわり油やサフラワー(紅花)油などの植物性オイルにも豊富です。
野菜サラダのドレッジングに使えば、ビタミンCも一緒に摂れて抗酸化パワーがアップします。
そして若返りビタミンと呼ばれるビタミンEが豊富な、アボカドやアーモンドなどのナッツ類もおすすめです。

 

また、ビタミンEはビタミンCと合わさると抗酸化力がアップします。
・ビタミンC:じゃがいも、いちご、レモン、キウイフルーツなど
野菜や果物にビタミンCが豊富に含まれていますので、日々の食生活に多く取り入れるようにしたいですね。

 

 

そして活性酸素を増やさないためには、ストレスを溜めないことも大切です。

 

おいしい食事を楽しみながら、毎日リラックスする時間を持ちましよう。

 

嫌なことがあったら心に溜め込まず、発散させる手段を見つけておくとよいですね。

 

紫外線や活性酸素によるダメージに負けず、いつまでも健康的な素肌を保てるようにしたいものです。