太陽に負けないサプリメントを選ぶなら

日傘男子は普及していっている?

日傘男子

「日傘男子」は、2018年夏のトレンド

2018年夏、猛烈な暑さが続いています。
「命に関わる危険な暑さとも言われ、不要な外出は避けて」と呼びかけられていますが、男性は仕事をはじめとして炎天下への外出は避けられるものではありません。

 

そこで2018年のトレンドワードの一つになっているのが、「日傘男子」です。

 

男性の日傘は、随分前から売り場の片隅で販売されていましたが、今年の猛烈な暑さの中で、注目されるようになり、「日傘男子デビューした」とSNSで報告する人も多いようです。
そして猛暑続きの中、男性用の日傘の売り上げが増しているそうです。

 

環境省の話では、日傘で日ざしをさえぎることで体感温度が3〜7度低下するそうです。
熱中症対策としても紫外線対策としても大変有効です。

 

日傘と言うと女性にものという概念が強く、男性の日傘には、違和感がある方が多いでしょうが、少しでも猛暑を快適に過ごすには、「男性も日傘を使用」という流れは当たり前のことだと思います。

 

しかし、日本人は協調を好むため、人と違った行動をとることが苦手なため、「男性が女性のように日傘をさすなんて恥ずかしい」と思いやすいようです。
10日前に息子に「男性用の日傘が日傘男子という言葉と共に流行ってきているんだって」というと
「男が日傘をさすのは、抵抗がある」て言っていました。
しかし、SNSのトレンドキーワードになったと言うと、「男性の日傘が増えてきたら、自分もさしたい」と言っていました。

 

「日傘男子デビューした」とSNSで報告する人も増えてきて、ネット上の関心も高まっている機会に、「日傘男子」が一般的になっていくといいですね。
多くの「日傘男子」が増えていったら、男性も猛暑を少しでも快適に過ごせるのではないでしょうか。

 

そして、「日傘男子」という言葉がネットで話題にならないくらいまで広まって欲しいものです。

 

 

男性に最適な日傘は

 

男性物としての男らしさと実用性をうちだしたもの。
遮光性、遮熱性の優れた素材。男性用ならではの大きさ。

 

男性は選びにくいかもしれないので、しっかりUV対策できる傘を、彼氏やパートナーへのプレゼントにするのも最適でしょう。

 

 

おすすめ「男性用日傘」

 

 

 

携帯用の晴雨兼用傘は、小さめで抵抗なく使いやすいでしょうね。